序章-9:楽器屋の無利子ローン
たかひろ
夢ならば覚めてくれ、、
まーらいおん
まぁ、どーとでもなるにゃ。気にするにゃ。
まーらいおん
そう言えば、たかひろお金ないのに何でギター買えたのにゃ?
たかひろ
・・無利子ローンだ。

無利子ローン

無利子ローンとは

無利子ローンとは、楽器屋さんならほぼどこでも行なっているサービスです。

ジャックスと言う会社との取引になります。

常識的には、高額商品の分割払いにすれば当然利子が発生し、お金を貸した側に損がないようになっているのが世の常ですが、高額な楽器の購入の際には利子を「楽器屋さん」が負担するサービスがあります。

大体は、毎月1万4千円程度を24ヶ月程払ったり、頭金10万円を先に払って返済期間を短くしたりします。

このサービスは純粋に、サービスを受ける側にお金を「払い切る」経済的な余裕があると見なされれば誰でも受けることができます。

普通に固定収入を得られるサラリーマンをされている方、クレジットカードでの未払いなど問題のない人であれば大丈夫でしょう。

危なくないの?

サービスを利用する点に関しては全く危険ではありませんし、危ない人も後ろに居ません。ただ、サービスが便利すぎる点が要注意です。

陥りがちなリスク

無利子で欲しいものが手に入る為、何本もサービスを利用して購入してしまう人も結構多いです。別の記事にしますが、ギターは増殖していきやすい楽器です。1本買うと、2本、4本、8本と交尾してどんどん増えていってしまうのです。「俺はそんなことはさせない」と思っている諸氏に限って増殖させます。(オタクの章、参照。)

欲しい楽器に沢山手を出して、多重債務に陥り、月に幾ら払っているのか分からなくなってしまう危険がありますので、利用は計画的に行いましょう。最高でも2本です。これ以上はかなり危険です。

したがって、僕のオススメは、一括購入ですが。

練習できる楽器があるならば、無理して増やす必要もありません(僕は増えましたが・・)、できればお金を貯めて「ドカン!」と自分のものにしてしまいたいものです。が、その時買わないと売れてしまいそうなものは、思い切って確保してしまうのも手です。

ビンテージやそういったギターは、希少価値がそもそも高いので、資産価値としても高いです。大損することはまず無いです。最悪でもマイナス10万で収まれば「得した」と考えてもよいでしょう。

まーらいおん
仕事してないのによくサービス受けれたにゃ?
たかひろ
た、確かに・・・ロックが伝わったんだな
スポンサーリンク
更に理解を深めよう