増殖9:そしてPersonalへ(10本目)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク
あかり
もうカスタムショップに出会えたし、これで終わりだね!
お疲れ様!
まーらいおん
まだ、最後の一本が残ってるにゃ。
日本に入って来たのはあれだけじゃないにゃ。
あかり
よくお財布もつね。悪いことでもしてるんじゃないの??
まーらいおん
よく見てもらうと分かるんにゃけど、下取りと委託販売を多用して上手くダメージを軽減しながらやりくりして来たにゃ。まぁキツイ事には違いにゃいけど。
スポンサーリンク

最後の一本

カスタムショップを入手し、この時既に総支払い金額が200万円に達しようとしていた僕はそれなりに焦っていた。もう購入をやめなければ、真面目にやばい。色々。 人づてに聞いた事だが、「ギター破産」なる言葉が世には存在する。

ギター破産

ギター破産とは、ギターを買いまくって破産する事だ。

そのままだ。

結構バカにする人もいるが、これやってしまう人多いようで、ギター購入の際には自分の限界や金銭の遣り繰りをちゃんと考えていないと真面目に失敗する。

一本80万とか90万とか、300万とかそのレベルとなると尚更だ。

もちろん無利子ローンという手もあるが、「借金」をしている事に変わりはないのでそこはちゃんと押さえておいて欲しい。今回の僕のケースでは、ギブソンを買う際にローンを組んでいるが、委託販売でまとまったお金が入って一瞬回復したと思ってしまうところ。これ、危ない。

こんなの「何も変わっていない」点を押さえておこう。結局、ギブソンに払う分がMATONになっただけだ。

だから、一番安心なのはお金を貯めて一括で買う。こと。

遣り繰りに自身がない場合は、試奏自体を辞めておこう。触ってしまえば、欲しくなってしまうからだ。

最後の一本

カスタムショップのギターは都内に数本あったので、いつも通り購入予定はないがチェックだけはした。

都内の主要な楽器店は全て巡り、カスタムを弾いたがやはり期待外れなものが多く、レギュラーと対して変わらなかった。

悪い訳じゃないけど、お金と釣り合わない。

そして実は全然期待していなかった店舗で、何気なく弾いた一本が凄まじかったりするのも、あるあるな話だ。

店名は伏せるが、たまにMATONが入荷するくらいの店舗にカスタムショップが二本おいてあったので試奏させて貰っただけ。期待していなかったのに。。

良い個体に出会ってしまった。

CS Classicとの別れ

メイトンのCS Classicは、購入してから殆ど出番がなかった。これは本当に残念で、音以外が完璧なだけに心残りだ。

でも、「弾かないギター」は不要とする考え方は、金銭的にも負担を軽くする。

最後にこのギターで下取りをお願いした。

購入時の金額は35万、下取りは36万だ。

これは、金銭的には得をしたとも考えられるが、どうだろうか・・

そしてそれ以上得るものがない為、残りは一括で負担する事になり、ギターの購入額は最終的に200万を超える計算となった。

MATON TE PERSONAL

トミーのドンズバモデルのこの一本は、これまで散々ガッカリして来たギターなので本当に期待していなかった。

が、この個体でその評価が180度引っ繰り返り、「一日中触っていられる」ギターとなる。

コンパクトさ、軽さ、ルックス、音量、ライブでの用途、全てを満たしてくれる。

僕の理想がこれ。この個体と、前記事での個体以外には考えられない。そんなギター。突き詰めれば、こんな一本と出会えるんだなと思ってしまった。

総額計算

結局のところ、D28から始まり、ここに到着するまでの1年間、どの程度の金額を消費したのだろう。記事にしていて思ったのだが、僕は色々考えたようで実はそこまで計算してきていない。そして纏めると、めちゃめちゃ浪費家である事が分かる。

後半は170万−63万で委託を活用したものの、カスタムショップの乱入によりそれが吹っ飛んだので1本目のカスタム購入で175万円となっている。

それに加えて2本目のカスタムにより、CSクラシックの下取り活用しても増額40万となり、最終金額は215万円に膨れ上がる結果となってしまった。

楽器へ掛ける金額として、そして自分の経験への投資としてこの金額が「高い」か「安い」かの評価は人それぞれだと思う。

個人的にはどうだろう。。安い??という感覚もある。お陰で毎日ワクワクしながら練習出来ているのだから、結果オーライかもしれない。オマケに、他の楽器を触っても購買欲が0になった。

(※自分に合った、MATONという路線からブレなければ、この半額程度で済んでいた事は明白で、余計な回り道をした事でドンドン負担が増えていったんですよ。こういう事は、するべきじゃないんです。)

その反面色々なメーカーへの理解が深まった点は良かったけれども。。。

ギターを始めたい、金銭的にある程度の自由の効く方は、注意するべき。俺はそんな事ない、と思っている人に限って拘ってしまうかもしれない。最初はマーチン一本だった僕が、ここまでお金を使ってしまった。

それくらい、ギターは中毒性がある楽器だと云えるんでしょう。

あかり
Maton EBG808
Maton TE Personal
Maton Tiger Martle Wood
これで決着だね。
まーらいおん
1年間あっちへこっちへ、フラフラしたにゃ。
あかり
ある意味、詳しくはなったね笑
まーらいおん
車も売却したにゃ。。
あかり
そういう事、、、それで金銭的な負担を相殺したんだ。。ライオンなのに、車乗るんだね。すごいね。
まーらいおん
狩場が東京になったのが良かったにゃ。
もはや車不要だったのにゃ。
スポンサーリンク
おすすめの記事