オープンマイクを活用しよう
あかり
まだ全然弾けないんだけどさ、曲を覚えたらやっぱり
人前で弾きたいよね。でも、何だか不安。。
まーらいおん
誰でも初めは不安にゃ。
でも、一歩踏み出す事で世界が変わることもあるのにゃ。
あかり
でも、ライブとかって上手い人多そうだし、、、、
お金も掛かりそう。気軽に出来ないのかな・・
まーらいおん
オープンマイクを活用するにゃ。
あかり
オープンマイク??

オープンマイクを活用しよう

バンドをやっている方は分かると思いますが、何人ものメンバーでライブを行う場合、基本的にはライブハウスを借りて行わないといけません。 スペース的・騒音等の問題から住宅街のバーなどでライブし難いせいで、演奏場所に相当な気を使う必要が出てくるからです。 一部のバーでは、ライブハウス的に使用されるケースもありますが、その場合は演奏時間の制限が掛けられています。 だから、大抵の場合地下などの防音設備の整ったところでやる必要がある。 土地代ふくめて結構な金額となっている為、借りるだけでも30分あたりの自分達の枠のために数万円掛かったりするので、お客さんに入って貰えないと相応な額をメンバー全員で負担しないといけないのが常です。これをノルマと言っています。 1バンドあたりチケット10枚とか20枚とか渡されて、5枚ノルマで一枚あたり1500円程度で販売したりします。売れれば余剰は利益となりますが、売れなければノルマ分はバンド負担という仕組みです。 普通に考えたら、趣味程度でやっているバンドの演奏をみに来てくれるお客さんなど、友人数人(都合付けば)程度でしょう。したがって、結構自腹をきるパターンが多いです。 しかしアコギのソロ活動はこの様なデメリットを全て解決する事ができます。アコギ一本で演奏できちゃいますし、ノルマが無く出演料とドリンク代だけの場合が多いからです。 アンプ以外の機材を借りる事も稀なので、お金を気にしなくて良いのも魅力ですね。 ノルマがある場合でも、4、5人呼んで!とかそのくらいです。チケットを売る必要も無いですし、それを求められたら他の場所を探したほうが楽です。 気軽に出演できる場所を探しましょう。 ソロ活動のメリットを最大限に活かし、じゃんじゃんオープンマイクを活用しましょう。

オープンマイクって何?

オープンマイクとは、特定のライブバーなどで定期に

「好きな時間にフラリと立ち寄り、先着順で演奏出来る」「2、3曲交代」「予約制とかではない」

自由なライブ制度です。参加費用も1000円〜2000円+ドリンク代、程度でお財布にも優しい。

正直、日本のオープンマイクは、オープンマイクというか、「気軽なライブ」と捉えて相違ありません。大体の主催者は、予約制や事前に声を掛ける事を求めてくるので、そこは従いましょう。

自由に入って、先着順で弾くことが多いので、張り切って行くとトップバッターでお客さん居ない場合すらありますから、時間帯などは様子をみて入るようにした方が良いです。一度、遊びに行ったら把握できると思います。

ちなみに海外はもっと自由です。適当に入ってきた酔っ払いが適当に弾いてます。本来オープンマイクというものは、こういうものなのです。

「絶対練習してないだろ・・」という人も気持ち良さそうに弾いています。

でも、聴いていて楽しい。まずはそれでいいんですよね。

ちょっと待って、日本ってもうオープンマイクじゃないじゃん。。。。でも、気にしない様にしましょう。

いずれにせよ、参加方法は主催者・バーのオーナー等の考え方によって大きく異なるので注意が必要ですね。

↑は古いものですが、ライブ記録です。(2019年の10月頃:ギター歴1年半時点)

オープンマイクに参加するには?

まずは、インターネット上でオープンマイクを定期的に開催しているお店を探しましょう。検索すればすぐに出てきますが、東京圏にお住いの方は以下のスケジュール一覧を見て店名を調べていくのが効率的です。携帯ではなく、PCページでないと表示されないので注意して下さい。

オープンマイク東京圏スケジュール

有志かどうかは不明ですが、常に更新しているサイトですのでこちらの都合の良い日を探せます。これは凄いサイトですよ。恐らく他県のものもあるかと思います。

気構えて行くというよりは、この日が暇なんだけど、どっかで演奏しようかな?くらいの気持ちで行った方が良いです。

それが魅力なので。

恥ずかしい人はどうすれば

どうしても人見知りをしてしまう時は、ライブ目的ではなく、友達等と飲みに行ったりして下さい。

他の人の演奏を聞くのも良いでしょう。

演奏を聞いたら、「素敵でしたー!」って声を掛けてあげて下さい。どんな人でも嬉しい筈ですし、その人自身でもライブを企画しているかもしれません。仲良くなれば、誘って貰えます。

これ、ライブ以上に重要なことで、音楽仲間が周りに増えて行くと演奏機会が増えていくんです。誘われたりするので、なるべく断らずに貴重な機会を積み重ねていきましょう。

バーのオーナーと仲良くなり、自分の事を覚えてもらえば緊張せずに他の人とも接する事が出来ると思います。僕も人見知りの方ですので、気持ちは判ります。

イベント主催者を探す

オープンマイクやライブ等のイベントがある場合の最大の目的は、演奏自体もそうですが、

イベント主催者(イベンター)

を探す事が第一目的です。ライブ童貞のうちは、次のライブの機会を自分で作らなくてはいけません。

主催者さんは、人を集めたり企画をしたり、中には有志で行っている人すらいます。人と接する事や、音楽が大好きな人が多いです。

仲良くなっておくのは、お互いに利益のある事なのです。

何だか汚い話になってしまいましたが、勿論純粋に仲良くなりたいと言う気持ちが最優先です。

特にアコギ弾きなんて沢山いますから、ギターの話題などで盛り上がるのではないでしょうか。好きな曲や、演奏など話題は尽きないと思います。

フィンガースタイルは、普通にしているだけで目立つ為、普通に弾いていればお声が掛かります。チャンスを繋げて行くことは、そこまで難しい事ではありません。いつの時代も、人は珍しいものに目がいくものですよね。

ライブ終了してから、仲良くなった人やイベンターの人とフェイスブックで友達登録できれば完璧ではないでしょうか。頼んだり、頼まれたり、色々あります。ライブ終了後に交換する事が多いです。

僕は初めてのオープンマイクの際に、イベンターの方に声を掛けて頂いて、その後のライブ活動に繋げる事ができました。あちこちでライブをするにつれて、ほぼ定期的に出ることになる場所が見つかりますので、まずは主催者さんと仲良くしましょう。

そしてこの、主催者さん次第でイベントの雰囲気が決まると言っても過言ではありません。

ともあれ嫌だなと思ったら、ご一緒しなければ良いだけなのでチャレンジしてみると世界が広がるかもしれません。

オープンマイクのオススメ店(東京)

とは言え、オープンマイクに初めて参加してみようと思っている方に注意してほしい点もあります。それは、

参加する店は厳選すべき、と言う点です。

初めて参加したオープンマイクで、変な事を言われたり、嫌な思いをするのを避ける目的です。(そんな人は滅多にいませんが・・・居ないとは限りません。

と言う訳で、東京地区ですがオススメと特徴を挙げていきます。

1荻窪BUNGA:公式サイトへ

JR荻窪駅から徒歩10分程度の閑静な住宅地にある地下バー。

参加費用は1000円〜1500円+ドリンク代、予約は「アコースティックライブ」は必要、オープンマイクは「予約した方が良い」と言う感じです。(予約しないで弾けない、事はありません)

ここは、オープンマイク以外にも、アコースティックナイトやイベンター主催ライブ等、毎週たくさんのイベントが催されます。

参加される人も、純粋に音楽を楽しみたい、飲みに来たいと言う人が多く、観客の人数も少なめの事が多い為、初めてのライブにはウッテツケの穴場となっています。何より、一ステージあたりの尺が20分と長い為たくさん練習できます。

費用効果が高い!!

そして、チーフさんも「美人」と言う天国です。

飲み物だけでなく、名物の「タコライス」も美味しいので是非頼んでみて下さい。時間があれば、アップします。

※僕はライブよりこっちの方がメインになって来ています笑

2築地MADEIRA(マデイラ):公式サイトへ

東京・築地駅から徒歩10分程度のこの場所ですが、ここは初心者に優しいライブスポットとなっています。演奏ジャンルは、ボサノバが主体ですが、勿論フリージャンルではありますので、サックス、演歌、漫才等色々な人に出会えるでしょう。

参加費用は3000円以上とオープンマイクにしては非常に高く、そして演奏できる尺も10分程度(1、2曲程度)しかありません。そして予約も必要です。が、

そもそも初心者は沢山演奏する余裕はありませんから、これが丁度いいんです。

ここの特徴として、HPをみて貰えば分かるのですが、まずオープンマイクにあたって、出演者・観客共にルールが決められています。それは、

出演者:マイナス発言禁止

観客:大きな拍手とポジティブな応援

この明確なルール付けと、常連の方(イベンター含む)によって、会場はとても良い雰囲気が作られています。

何より、初心者が演奏しようとするのを全力で応援してくれる人達が沢山いるので、初めてのライブの思い出作りに最高の場所です。

こういった場所で、自信を付けていくと良いと思います。

僕の場合、このマデイラが初めてのオープンマイクでした。ここで、親切なイベンターの方と出会い、他の会場でも演奏する機会をいただいた事で、今の定期的な演奏に繋がっています。感謝してもしきれません。

3東中野Alt-speaker

東中野駅から徒歩15分程度。そこそこ歩きますが、全然許容範囲です。

参加費用は1000円程度。事前予約不要。

雰囲気的にはBUNGAに似ていますが、ここもお気楽オープンマイクで自由に弾かせてもらえます。ジャンルも色々、プロも来ます。

一番オープンマイクなライブバーです。

予約は必要なく、オープンマイクを行う時間内(好きな時)に行って、弾かせて貰うだけなので縛りが緩いのが魅力的ですね。

グランドピアノもあるので、運が良ければピアニストの演奏も聴けちゃうので好きな方はオススメです。

初めてのライブステージは、ソロギターであれば「一人きり」で行うことになりますので、やっぱり不安だし緊張もします。

それだけに、必要以上に不安に思ってしまうものですが、良いお店を見つける事で次のチャンスに繋がり、結果的に楽器の上達を促す事ができます。

皆さんも、良い雰囲気のライブバーを見つけてみて下さい。素敵な出会いがあれば良いですね。

名刺を作る

僕はまだ作っていないのですが、ライブバーなどで知り合う人から名刺を渡されることが多いです。

どんな演奏をする人なのかを覚えて貰えるので積極的に活用すべきだと思っています。名刺にブログやツイッター、フェイスブック等の情報もQRで載せておくと親切で呼んでくれそうなイメージですね。

チャレンジしてみようかなと思っています。

あかり
今度飲みにいってもようかなー。
まーらいおん
チーフに相談してみると良いにゃ。
ギター初心者だけど、ステージを探してるにゃって。
あかり
それくらいなら、出来そうな気もして来た!!
まーらいおん
ゆっくり知り合いを増やして行くにゃ。
それが上達に繋がるにゃ。
更に理解を深めよう