絶対に損をしないギター選び-猫の巻-
スポンサーリンク
たかひろ
そういやさ、まーらいおんは紆余曲折を経てここまで来てんだよな。
損をしないギターの選び方ってあるのか?
まーらいおん
一生物のギターが欲しい、、とか色々youtubeで人気あるトピックにゃ。
にゃけど、あちしは一生物のギターにゃんて無いと思ってるにゃ。
あかり
たくさん買い換えたら何十万と損しちゃうよね。まーらいおんみたいに・・・
悩んでる人は、どうしたらいいの??
まーらいおん
仕方ないにゃ〜。。あちしの「虎の巻き」を読むにゃ!!
あかり
猫なのかライオンなのか虎なのか。。。。

楽器選びは、音楽を嗜んでいる人の共通の悩みであり、楽しみですよね。

特に初心者の頃は、上手くなってから高いギターを買おうとか、下手だから1万円のギターで良いとか思いがちで、どうしても良いギターを理解できないまま、志半ばで終わってしまう人が大半という結果です。

初心者にはこれが良い、あれはまだ早すぎる・・・Youtubeで散見されるこのような独善的意見は全てスルーで良いんです。

全て押し付けというか、初心者の「共感」を得る為に発言しているもの。別に悪い訳ではありませんが、そちらの方が再生数・登録者数も伸びる為、そう言っているのです。

勿論、大体間違いないギター(初心者の章:10万以下のギター参照)は有りますが、それでも貴方が良いと思わなければ駄目ギターです。そんなに安いモデルが良いならば、メイン機としてそれを使わなければおかしい。ですが、安いモデルを良いという人も裏ではしっかりとお金を出して気に入ったギターを購入しているのが現実です。

貴方にとっての最高のギターは貴方にしか見つけられません。人の意見に振り回されないように、その方法をご紹介しましょう。また、過去の記事、「ギターとの出会いは一期一会」もご参照下さい。

究極的には値段やメーカーなんて関係ない、自分が好きなものを選ぶべき!なのですが、それを言ってしまうと話が終わってしまうので、論理的に「絞り込み」が行えるようにこの記事を書いています。

また、私が今製作中の教則動画「フィンガースタイル奮闘記」でも、機材選定に関して切に取り入れていく所存です。

最高のギターと出会う為の道しるべ

1.5年後、自分がどうなっていたいのかを決める

まず大前提として、自分がどのようなプレイングをするギタリストになり、「誰」のようになっていたいのかを明確に決めましょう。

ここがズレてしまうと、全て終わりです。少し大袈裟ですが、あなたの体型でそのプレイングでベストなギターの選定、という観点から言えば「失敗」です。

弾き語り?ソロギター?タッピング?バンドで使用するんですか?

貴方は誰に憧れて、どういったギタリストになっていたいのですか?

ギターが欲しくても、直ぐに先走って購入するもんじゃないです。先走って、焦るとロクなことがない。セールだったから、などは最悪の理由。

始めたばかりの時なんて、MartinとGibson、YAMAHAくらいしか認知していないはず。何十ものメーカーがある事を、まずは知って、悩んで、選ぶ過程があるから愛おしく感じるのです。

ギターを買う前に目標が曖昧な場合は、大好きなアーティストをyoutubeで探してみましょう。大まかに弾き語りか、ソロギターかを決めておいてキーワードを入力すると沢山のアーティストに出会えます。その沢山から、貴方にとってのベストを決めていきましょう。

弾き語りは自分が歌いたい人向け、ソロギターのインストなどはギターに歌ってもらいたい人向けです。

そして見つけたアーティストが使用しているモデルを候補に入れても良いのです。まずはそこから絞り込んでいきましょう。

例えばフィンガースタイルでも、Morris、Furch、ローデンやラリビー等ローズウッドやハカランダが主流のメーカーは「儚く、キラキラ系」でポロンポロンに向いていますし、カントリー系でトラヴィススタイルではマホガニー系のMaton、Taylor(200,300,500番台)、Martin00,0系などが得意分野でしょう。

ボディヒットを多用する場合、楽器自体の強度も重要なのでこれも考慮する必要があります。

2. 演奏スタイルを絞り込む

youtubeでアーティストを絞り込むと、一つの共通項が出てくる人が多いです。

この絞り込みだけで「弾き語り」タイプの人と、「アコギインスト」タイプの人とで明確に分かれていきます。そして自分の大まかな趣向がハッキリしてから、さらにそのジャンルで絞り込みを行います。

先程書いた通り、ソロギターのインストでも、ポロンポロン系もあるし、僕がやっているトラヴィスピッキングも有ります。これだけで「向いている」ギターは変わってきます。

そのジャンルで、プロ・アマ問わず妥協しないで調べる事が非常に大切です。

ここを怠るとこんな筈ではなかった、と後で思うようになり、楽器選定で後悔することになります。

具体的には、この人の演奏を聞いていると「眠気が醒めてしまう」「体が震える」

こんなアーティストを見つけて下さい。「いいな〜」じゃなくて「愛してる」が大事。目標を見つけましょう。

参照「初心者の章:アコースティックギターの奏法達」

これにはどのくらい時間かけても良いですし、焦らなくて良いです。最終的に近道になります。

3.ライブで使用したいか

ギター選びの大きなポイントとして、その「用途」が有ります。

アコギには大きく「生ギター」「エレアコ」の二種類が有り、全然用途が違います。

良いな^^と思ったギターであっても、用途としてライブで使いたいならエレアコから選定しましょう。エレアコはライブで使用するように設計されているものです、生ギターを改造するよりもラインを通せば良い音を出してくれます。

よくライブで使用するのはエレアコだけど、練習するのは生ギターという人もいますが、理想を言えばライブで使用する物を練習で使いたい。

ライブと同じ状況・楽器で練習しないと、本番不安になるからです。絶対になるんです。

ライブで使用するには、エレアコであればシールド(アンプと繋げる線)一本あれば何処でも演奏できてしまいます。その手軽さがギターに対しての減点を防ぎます。ストレスが無いのはとても重要です。

生ギターの場合は、ギターに穴開けて工事したりする為、追加の費用が掛かります。また、良いギターの場合はその価値も相当低くなっていきます。オリジナルではなくなる為です。当然音も変化します。生ギターとして、良い音ではなくなります。よく考えて決断しましょう。

家でしっとり弾きたい、大事にしたいから家から出さない、という人は生ギターが良いです。生ギターの音はエレアコとは比較にならないくらい「アコースティック」ですから。

gibson J45は弾き語りの代表格だ

gibsonJ45は弾き語りの代名詞的な存在だ(家宝)

4. メーカーを絞り込む

ここで、メーカーの絞り込みを行います。

アコギの王道、martinやgibson、ライブに強いTaylor、フィンガーピッキングのMorris、、、挙げればキリが有りませんが、全てのメーカーでエレアコ仕様のものは有りますので、生ギター・エレアコかどうかよりも、まずは「目標としているアーティスト」が使用しているメーカーを候補に挙げていきましょう。

5.ボティサイズ・ナットの幅を決める

アコギには、沢山の形状のものがあります。

人も、大きい人も小さい人もいます。

自分の体に合った、抱えやすいギターを選定しましょう。この目的は、ギターを演奏した時のストレスを最大限軽減する事にあります。

体の大きい人にはギブソンのJ45のような大きなサイズのギターでも合いますが、小さいと抱えにくかったりすることからストレスになります。

ナット幅が極端に狭かったり、広かったりすると、「抑えにくく」なりこれもストレスになります。

ソロギターをメインで演奏する人は、43ミリ以上の幅のギターを選定しましょう。狭すぎるとプレーに悪影響が出ます。

そしてストレスを感じると、人間は当然「弾かなくなります」

6.仕上がりを決める。触り心地は超大事

アコギの仕上げには、大まかにラッカー仕上げ、グロス仕上げ、サテン仕上げがあります。

ラッカーは木の触りごごちを残して、艶のある仕上げ。Gibsonはこれ。高額。

グロスはツルツルになります。傷が付きにくい。手が滑り易い。高級機が多い。

サテンはマットな仕上がりで、木の温もりを感じれます。MATONはほぼこれ。

ギターは体に密着するものなので、触りごごちは想像以上に大切になります。完全に好みになりますが、ここは最上級にワガママになってください。

「ネックがツルツルしすぎる」「マットで安っぽい、、、傷がつく。。」「ラッカーはひび割れる、、」

色々な趣向があると思います。必ず「触って」比べてください。この趣向はなかなか変わりません。

ギターの触りごごちが良くないと、これも「ストレス」になります。

いつまでも触っていたくなるギターが必ずあります。そういったギターを選ぶと、楽器を触る機会に直結し、結果として上達に繋がります。

だからこそ、最初に全力で拘ってください。

7.ローズ系が好きか、マホが好きか

多くのギターのサイドバックで使用されるのはローズウッドという木材です。

音の特性としては、「リッチ」「鈴鳴り」と揶揄されますが倍音が良く伸びます=音のキレが悪い

対してマホガニーは「安い」「泥臭い」音の響きをしています。倍音が伸びすぎず音のキレが良いのです。

これは、演奏する曲によって使い分けるのがベストですが、自分の趣向として、カントリーやブルース系が良いのか、それとも単音を聴かせる音楽が好きなのかで全然違います。

好きなアーティストが使用しているギターの傾向を見れば、どっち派なのか大体見当が付きます。

例えばトミエマならば、カントリー系であるため趣向として「マホガニー」系です。Matonのクイーンズランドメイプルも、マホガニー系です。

必ずしも、これ、という基準は貴方の中にしかありません。それこそ、アーティストに影響されて選びましょう。

8. 楽器屋で試弾きをする

「値段」はまず考えないで、魅力のあるギターを弾かせて貰ってください。

一度、「高いクオリティー」のギターを弾かせて貰ってください。

高いギターや高級材を使用したギターは「高い」だけの意味があります。人の趣向で良い悪いは合っても、一度丹精込めて作られたギターを触ってください。五感で覚えてください。

そうでないと、自分にとっての良いもの、悪いものの見分けが付きません。

物差しを作る事が重要です。

9.数年後の価値を考えてみる

安物買いの銭失いを避けましょう。

10万以下の「安い」ギターは、その弾き心地も20万円以上クラスの高いギターとは段違いに「良くはない」

高いギターを進める訳ではありませんが、高いだけの理由があることは把握しておきましょう。

例えば60万円クラスのルシアーギターと7万円のギターがあったとします。

60万円のギターは相場として50万円程度、ビンテージギターはその買値が大体保証されています。一点物は需要があるから値段が落ちないのです。市場を理解していれば将来的に値上がりするものに先行投資も出来ます。

工場生産で安定した供給のある、7万円のギターは数ヶ月使用で綺麗でも2,3万円(50%以下)の価格に確実に暴落します。高級ギターと比較して、下がり方が非常に大きい。価格としては大したことは無いですが、何本も買い揃える価値はない事が分かるでしょうか。。この価格帯はアコギの世界ではかなり「微妙な」価格帯で、品質なり材質なりどこかで妥協をして作られています。

汚い話ですが、例えば無利子ローンを組んで80万のギターを購入して、気持ちよく練習させて貰って5年後65万で売るのと、とりあえず安いギターを購入してモチベーションが上がらずオブジェ(0円)になるのと、考えてみればどちらが得かわかると思います。

結果として、自分が最高だと思った「最高級」のギターを購入する事が、損をしない道であると断言します。買い直しで増やすよりも、業物の一本を探す。なまくらを集めるのはやめましょう。割合で言えば、経済的損失であり、投資や財産的な意味合いも持ちません。

お金を物に替えて、投資をしているつもりで、楽器を選んでみましょう。大事に扱うはずですよ。

10.価格交渉は絶対行う

購入するギターを選定しても、店頭の価格で頷く必要は有りません。

例えば下記のような値切り交渉は非常に有効です。

a)現金一括で払うから、30万円ではなく、税抜きで27万円でお願いします。

税抜き作戦はかなり有効。高額ギターになるほど店員さんが助けてくれます。

b)オマケでチューナーとシールド、カポ付けてください(これは全然余裕です)

小物はたくさんオマケして貰う。値段が落ちなくても、備品を沢山つけて貰おう。

c)そのお店と店員さんを贔屓にする。

お店と仲良くなっておくと、結果として誰よりも早く、良いギターを紹介してくれます。

値引きもしてくれます。2本目以降も同じ店で買いたいと思うお店を利用しよう。

いかがでしたでしょうか。

私が2年間損を重ねてきた末、結局こうしておけば良かった、、という内容を纏めてみました。

昔の侍もそうですが、名刀を探し歩くような気持ちで楽器に触れてみると良いです。

自分にとって「良い」基準と「悪い」基準を明確にした上で、楽器選定を行えば、

後で後悔してしまうリスクが大きく減っていきます。

私感では、最初こそ拘って「最高」のギターを手にして、相棒と一緒に活動をしていって欲しい。

無駄な買い直しが防げるからです。

そして生涯に渡って一緒に居た楽器こそ、「一生物」の楽器なんだと思っています。

結果論的ですが、まぁそんなものです^^

人の意見を鵜呑みにせず、自分の趣向をまずはちゃんと理解して選びましょう。そして、まず価格には糸目を付けずに探してみる事がとても大事です。20万円しか予算がなくても、30万円以上をリサーチして五感を磨いていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事