序章-2:トラヴィス奏法用アコギメーカー3選
まーらいおん
ここでは、あちしのオススメのギターメーカーを選別していくにゃ。
あくまであちしの独断と偏見なので「アテ」にされても困るにゃ。
あかり
自分で決めさせれば良いんじゃないかな?決断力の無い男はモテないよ。あと何で私が呼ばれてるの。。
まーらいおん
あかりはまだまだギター選びの苦悩を知らないのにゃ。一緒に味わうにゃ。
下手したら一本30万円もするギターもあるのにゃ。そう簡単には決められないのにゃ。
あかり
30万円そんなのに使うならアクセサリーでもプレゼントしてくれれば良いのに。
分かってないなぁ。乙女ごころが。
まーらいおん
ひろゆきとのことは、あちしは関係無いにゃ。ダラシない本物の代わりにブログ運営するだけなのにゃ。
あと、アクセサリーは音も鳴らないし食べれないから嫌いにゃ。
あかり
男って何でこう、物欲と食欲ばっかなのかなぁ。。。
MATON Guitars
最強のピックアップを装備した、アコギの可能性そのもの
ボディサイズは、マーチンのダブルオーとトリプルオーの中間。 抱えやすい上に、胴厚はドレッドノート並みを確保し、生なりも良好。 使用材はオーストラリア原産のクイーンズランドメイプルを主とし、音質はマホガニーをもっと甘くした様な印象。そしてレギュラー品一本一本を材選定から手作りで製作する。 カスタムショップ製の個体は試弾きや選別こそ出来ないものの、トミー・エマニュエルの専属ルシアー「アンディ・アレン」が全行程作成するルシアー品。ネックにマホガニーを使用することが多く、通常のモデルよりも軽量で扱いやすい。 MATON社オリジナルのAP-MICは、通常のエレアコと異なりピックアップとコンデンサーマイクの二系統から成り立っている。さらにこの2つを自由にブレンドして音を作成できるため、どんなライブ環境であっても即適応させることができる完全な実戦仕様のエレアコとなっている。 ネック幅は44mmを標準とし、弦高は極低い。複雑で高速なコード進行でも奏者になるべく負担が掛からない仕様になっている。ブリッジ部分にあるネジは弦高調整用のものではなく、ピックアップの高さ調整用。絶対にいじらないようにしよう。(弦高調整に出したら楽器屋さんがいきなりいじり始めて慌てて止めたことがある)
Taylor Guitars
薄めのボルトオンネックと高性能なピックアップで保守実戦に死角なし
Taylor ギターは、アメリカのジェームズ・テイラーが考案した革新ギター。
日本でも最近の広まり方は、もはやテイラーの春ともいえるくらい人気が高い。
特徴としては、ボルトオンネックによる接着剤未使用の構造。これにより、相当な悪環境においてもギターの不具合をモノともせず、起こったとしても即修正可能という不死身の構造となっている。
ネック幅が薄く、弦高が低い上、シンプルに弦を鳴らした瞬間音が真っ直ぐ飛んでいく。
GA、GC、GSと三種類の独自ボディサイズがあり、規格も100番から900番まで仕様材のレベルにより分けられている。その中で、トラヴィス系の音質に最も合うのが、200番、300番、500番のシリーズ。
200番はハワイアンコア、300番はサペリ、500番マホガニーを主材としているが、いずれもシンプルで扱いやすい音色がする為オススメである。
値段もアコギにしては比較的手頃な範囲で入手できる、高品質ギターだ。ちなみにピックアップのESシリーズも秀逸。ツマミだけは何が何なのか筆者には扱い切れないが、慣れれば大丈夫だと思う(適当)。

たくさん種類があるので、興味があれば楽器屋へ足を運んでみよう。
CF MARTIN(D-18,00-28,0-18,0-15)
アコギの王
マーチン社については、一つ前の記事で話したが、世界一のアコギメーカー。
結構書いた気もするが、ことトラヴィス奏法という所に焦点を当てると、サイドバックに使用されているローズウッドの音質が邪魔になる点が気になった。
要するに、音が「リッチ」すぎた。
実は、28シリーズがローズウッドなのに対し、18シリーズはサイドバックにマホガニーを使用している。そこが、オススメの分かれ目ということになった。
マホガニーは、トラヴィス系に「ピッタリ」の古臭い,のどかな音を出すことができる。マーチンなら当たり前だが、「模範解答」の音を出せる個体を作ってくれるとハッキリ言える。
基本的には生ギターなのでライブ使用を考えている方は、工事費等と相談の上検討するべきだ。

あかり
ふーん、で、このギターは何万円くらいするの?
まーらいおん
上から、26万円、26万円、26万円くらい、だにゃ。
あかり
全部高いじゃんか、、、たかひろってこれ買うつもりなのかな?
アルバイトしてないっぽいし、お金あるのかな。
まーらいおん
「欲しいものは手に入れる」のが男にゃ。全ては情熱にゃ。さ、このリストをたかひろに渡すにゃ。
あかり
自分で渡せばいいじゃん、、
(ま、私が買う訳じゃないし、いいか。)
まーらいおん
あちしは忙しいのにゃ。今日はブログの他の箇所を工事しに行くのにゃ〜。
あかり
んー?案外真面目なんだね笑
スポンサーリンク
更に理解を深めよう